When I saw the angel 天使考察

When I saw the angel

色んな作品で登場する天使(angel)

Angel、エンジェル、天使と呼ばる存在は複数の宗教の中で登場するが、その役目は共通したものが多く、その役目とは神の使いであることだ。
またそれぞれの宗教によって登場する天使像も若干の違いが存在している。
日本では様々なサブカルチャーで描かれている天使像を連想されやすく、金髪碧眼の美しい女が背中に翼を持っている姿から、同じく金髪碧眼の美男として描かれることもある。
また多数の宗教上で描かれている小さな子供の姿で背中に羽を生やしたその姿は、北欧神話で語られるキューピットが元なのではないかとも言われている。

 

複数の宗教で共通するのは神の使いであることだけではなく、共通する点に、神に反逆した天使が描かれていることがある。
例えば堕天使の代表として描かれるルシファーは、地獄に落とされ地獄の支配者として人間や神々にたいしての敵対者として存在するように描かれる。

 

また、共通することで、悪魔から天使になった話がないこと、天使から悪魔、または堕天することで悪にそまることが表現されており、善と悪の関係について考えさせられることがある。

 

日本における天使もまた、善で描かれることもあれば悪として堕天使として描かれることがある。
また必ずといっていいほどに天使たちは人間(主人公)に対して力を貸すことができ、神に絶対的な服従する者として表現されている。

 

主教の関係から現代のサブカルチャーの天使について考察するともっと面白いことが見えてくるかもしれない。

ビリヤードを上達するために!!
ビリヤードを上達するためにまずは何をしたらいいのか?ビリヤード初心者でもわかりるルールを解説。

オリーブの力は人の体を救う
地中海からの恵み、オリーブオイルが今注目されている理由と、そのオリーブの効果について紹介しています。
ホーム サイトマップ